食事療法では適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30~40gとなります。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。加えて、透析を始めても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く含まれています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれます。腎臓病疾患に罹ると糸球体が損傷を受けるので本来通り血流が成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に加算されていきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を常にキープする事が入り用なのです。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分のみでなく水分の調整も求められます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を元に医師が決定します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自分勝手な制限はしてはいけません。食事によって獲得したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を保つためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の水量・形状・処理時間次第で変動します。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が増加するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理に繋がります。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しく食事を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。自己の判断で適当に献立を決めずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。続きはこちら>>>>>腎臓病食 宅配 ランキング