食事療法は腎臓病食の宅配を利用しましょう!

腎臓病の人のためにたんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を病理制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー病理制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、医師や管理栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓内で分解された末他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉の量が低下すれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。慢性腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血液の濾過作用がうまくおこなわれず、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。重ねて尿と一緒に除外されるような老廃物まで、体内に加算されていきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中における全水分が相当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合制限が重要になるのは塩分のみです。病理制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量を元に医師が決定します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。そのため、たんぱく質の病理制限が重要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g~40gです。食事をして摂り入れたたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎに注意が重要な食品です。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含まれます。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、食材の品目や調理時の水量・形状・処理時間次第で変動します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。慢性腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、慢性腎臓病の進行を遅らせることと、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法・食事制限を元に腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に人工透析を開始する時期を遅くできます。加えて、人工透析を始めても、体調を維持しながら人工透析に当たるために、食事療法・食事制限は必須なのです。慢性腎臓病の食事療法・食事制限がうまくいくと、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるようになります。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法・食事制限に関しては、患者が自ら自発的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。
おすすめ⇒腎臓病食 宅配