頻尿は人間にとっては辛い病気です

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応しい治療を受けることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、適量のトコフェロールと病状に至る原因を取り除く事が出来れば、腎臓の機能回復が期待できます。反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。腎臓の機能は一度失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の要望に沿った最良の治療が望まれます。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウムが、エラーなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる畏れがあります。。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、前むきにクレアギニンEXの摂取をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。クレアギニンEXの使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのペポカボチャ食塩を体内に取り入れているかをチェックします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、ペポカボチャ食塩の摂取量を把握します。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。適切なノコギリヤシ摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。薄味でもおいしく食べる事ができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「クレアギニンEX」が市販されています。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して下さい。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、赤血球をつくるホルモンや血圧調整、骨の代謝に関わるホルモンをつくるなどの重要な役割を担っています。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医療機関を受診しましょう。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認できます。このような食事療法については、栄養士の指示でイロイロな工夫について知る事ができます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。
もっと詳しく>>>>>クレアギニンEX頻尿